人気ブログランキング |

介護の現実を描きます。ITトピックスをお知らせします。旅と歴史を描いた私のHP「日本ぶらり歴史の旅」(英文もつくってあります)http://www.ab.auone-net.jp/~nut/にもぜひアクセスしてください。


by burari-skuri

論評 3 安倍さんは退くべし

人間、何ごとも退けぎわが大事

 7月29日の参議員選挙で自民党、公明党の与党が歴史的大敗した。選挙結果の速報では6チャンネルがいちばんダイナミックで早かった。記者の安倍政権は「退陣しなければ、のたれ死にするのではないか。それでも続投するのか?」との単刀直入な質問に答えて安倍総理は「はい」と答え続投の姿勢をみせた。民主党の小沢代表の示す政策は、いままでの50年間の自民党の戦後政権体制と決別する、正反対の生活=政治を意味し、政治の仕組みを変えるものだ。

 かつての参議員選挙で自民党が大敗したとき、橋本総理は即時退陣した。また、かつての連合軍占領下にあった吉田首相に乞われて大蔵大臣に就任した石橋湛山氏は、マッカーサー司令部に歯に衣を着せずもの申したことで知られる。後に首相となったときは、もっと腕をふるってもらいたかったのに肺炎を起こして、いち早くいさぎよく退陣して惜しまれた。

 今度の選挙の国民の審判は、「安倍さんよ。もういい」と思う人々が大多数と思われる。昨夜(7月30日)はNHKが各党の要職にある人を集めて論説委員が司会し、国民からはファックスで意見を募った。ファックスは5100通にものぼったのに、読み上げられたファックスは5通ぐらい。これでは何のための意見かわからない。天下のNHKの体質と思われてもしかたない。 
by burari-skuri | 2007-07-31 16:00 | 介護・老い