介護の現実を描きます。ITトピックスをお知らせします。旅と歴史を描いた私のHP「日本ぶらり歴史の旅」(英文もつくってあります)http://www.ab.auone-net.jp/~nut/にもぜひアクセスしてください。


by burari-skuri
日本の弱者対応の後進性

 筆者は4月1日に左大腿骨頚部内側頭骨折の手術を受け4月27日に退院しました。幸子が入院しているのは赤羽の経由の埼玉県のK市です。K市に向かって赤羽のプラットフォームにはいちばん最後方にはお年寄りや幼児、身体障害者のためのエレベーターがあるのですが、そこまではるかに歩かなくてはなりません。腰痛をかかえた年寄りにとってそこまでたどりつのは苦痛ですらあります。

 そのうえプラットフォーム電車との間は池袋にくらべればずっと狭いのですが、それにしてもT型ステッキがうっかりすると線路と電車の間に入ってしまいそうになります。もし公子が介護していてくれていなかったら、危険この上もありません。弱者に対する配慮が欠けているといわざるを得ません。欧米にくらべて弱者対応の後進性を示しています。

 それとせっかくエレベーターがあっても、プラットフォームいちばん後ろにあるなど、日本はお年寄り、肢体不自由者に対する後進性を示していると思います。

入院して気がついたこと

 入院して気がついたことはいっぱいありますが、まとめると、次のようです。

*筋力の衰えは、努力以外に取り戻すべがない。
 
 人間は、怠け者です。寝たきりになると、どんどん筋力が衰えるのが感じられます。その早さはほんとうに見る見ると形容されるほどです。例えばボタンを「きのうやすやすとはめることができたのに、今日はできなくなり、およそ30分ほどボタンと格闘することになります。物を落とすと、腰が痛くてそれを拾うことができなくなります。こうしたことを克服するにはリハビリの努力以外にありません。

 それも60歳をこしていたら、若いピンピンしていた時代のようにはかえれません。だから、現在の筋力を維持するのに努力することしかできないと心得なければなりません。要は転倒してどこかを打たないよう極力気をつけなければなりません。

*寝たきりは楽なもの。再起できないお年寄り60%に達すると聞く。

リハビリは精神を奮い起こしての努力が必要です。寝たきりは楽ですから意気地がなくなります。こうして再起できないお年寄りは入院者の60%に達すると聞きます。

*若いときの疾患は老いてから再燃してくる。

 若いときの疾患は老いてからブーメランのように再燃してきます。悠一郎は大学在学中に肺結核を患い、肋骨を6本切除切しています。そこでいまは肺気腫で肺活量がありません。すぐに息が苦しくなります。若いときに体をき鍛えておくにしくはありません。
 
*80代は洟垂れ小僧あなたはまだ若い。

 病院の院長さんは励ます意味でこういうのでしょうが、「最近は大腿骨頭を金属で補修する手術を受けたあとで、リハビリで力をつけ80代、90代の人が家に走って家に帰る。あなたは若いんだからせいぜいリハビリにせいをだしなさい。

 そこで悠一郎はせいぜいリハビリに励み病院の廊下と階段を何回も歩き、やっと4月27日に退院したのでした。

介護界は悲鳴をあげている

*現場は手が足りないから、患者の機能を無視して楽なほうへ自己判断で動くようになる。

 手術のうまい医師が経営に長けているとは限りません。現場は報酬が安いし、手が足りません。そこで看護師も、管理栄養士も、ヘルパーさんも、お互いにかばいあいながら、自分の経験
をベースに行動するようになります。

 ということは、患者は1人1人病状が違い、個別対応が必要なのに、それができずに手がかからない方法をおしつけてくるようになります。患者情報は共有されないでばらばらに行動するけど、全体としては何とか機能するようになります。

 たとえば、リハビリに移っている元気な患者はリハビリ・パンツをはいて、尿瓶を自分で処理したいのに、おもらし御免の紙おむつにヘルパーさん定刻点検にしようとします。これは患者mにとっては暑苦しいし、やる気をそぐものです。

 かてて加えてがんじがらめの介護法制度によってここまでがサービスの範囲と決められているし、給料は安いし、ベッド数は60%へらさくてはならないというので現場は悲鳴をあげてるようにみえます。

 一方、悪名高い社会保険庁の年金の怪は一向におさまらず、お役人は机上プランをごり押し
しようとしています。
   
幸子が悠一郎と公子を認識する

 今日は6月9日で幸子の入院している施設で「紫陽花祭り」の会があります。悠一郎と公子は久しぶりに幸子に面会に行ってきました。 

 この日は音楽の専門家がトロンボンを演奏しにくれていましたし、新しい職員の人がサキソフォンを演奏してくれました。今時の若者はたいていギターを弾くと見えます。

 幸子は不治のアルツハイマーにかかっていて認識機能を失っています。しかし、悠一郎と公子をある瞬間には認識しているようなのです。 

 幸子は胃ろうの栄養補給がうまくいっていて元気でした。演奏会のとき見舞いにに来ていたおばあちゃんが連れ合いの入院患者さんの肩をだきながら泣いているのを見て、悠一郎は「お母さん。結婚するときは君を幸せにするとか言ったのに、現実は仕事のことばかり考えて御免ね。母さんをアルツハイマーにしたのはお父さんだ。」と涙がとめどなく出てくるのをどうすることもできませんでした。
c0067077_1910692.jpg
[PR]
# by burari-skuri | 2008-07-12 20:25 | 介護・老い
100万台のパソコンをつなぐ

 世の中の個人が使っているパソコンは使わないときは、遊んでいるわけだ。それらをつないで巨大なスーパーコンピュータとして利用するソフトウェアをグリッドという。個人はそのアイドリング・タイムを寄付することによってプロジェクトに参画できる。

 一方、このところの地球温暖化で稲作不良の危機が懸念されている。そこで栄養価が高く、大量に収穫できて、抵抗力の強い米の開発が急務となっている。

 IBMは、d世界最強のIT企業である。このプロジェクトはフィリピン本部を置くインターナショナル・ライス・リサーチ・インスチチュートワシントン大学の微生物学部、IBMの研究者らが共同で取り組み、原子レベルの構造に立ち入って従来のkスーパーコンピュータなら200年かかる計算を2年以内で終える計画である。

IBMの3つのアプローチ

 なお、約100万台のパソコンをつないだパワーは、現在の世界の上位3位のスーパーコンピュータと同等である。

 IBMは、グリッドのほかに1枚のIC基板に100万プロセッサーを収容した一ヵ所集中型スーパーコンピュータを開発中である。

IBM発表の英語の原文を読みたい読者の方は次のアドレスにアクセスしてください。
http://ibm.com.press/US/en/pressrelease/2402.wss

c0067077_1744984.jpgc0067077_12161217.jpg




















読者の方がた、ズッキーニ(写真左)といえば西洋きうりみたいな感じですが、うり科のかぼちゃ属です。どんな花が咲くのでしょうか?写真のような見事な黄色い花が咲きます。
ゴーヤ(写真右)はうり科つるれいし属で、ベランダなどに栽培すると冷房になります。
[PR]
# by burari-skuri | 2008-05-22 14:07 | ITトピックス
小林多喜二の蟹工船がベストセラーに

 昭和初期に書かかれた小林多喜二の「蟹工船」がいまベストセラーになっている。内容は主人公はおらず、当時の過酷な蟹工船労働環境を描いたもので、プロレタリア文学の佳作とされ、何カ国語にも訳されている。このことは、いつの時代においても平均的大衆は変わるものではないことを表している。世の中には、大衆の活字離れを指摘する向きがあるが、そんなことはない。

 いくらインターネットの時代とはいっても、それは変わらない。むしろ、非正規社員と称される正社員に採用されないネット・カフェ難民を始め、こんな世の中に閉塞感を抱いている人びと読みたいからベストセラーになっているのであろう。ネット・カフェ難民とは自分の寝る部屋の家賃も払えないので急ぎのプログラミング作業を受注し、ネット・カフェで一夜を過ごす非正規社員のことである。作業の内容と質は昔と変わっていない。

敗戦時元中曽根総理、不和共産党委員長、土井参議院議長は誰も自分がそうなるとは思っていいなっかった

 話は変わるるが5月11日(日)の田原総一郎の定例番組に出演した元総理中曽根氏、元共産党委員長不和氏、元参議院議長土井氏は誰も敗戦時(ソ連軍の侵攻にあった旧満州にあった筆者にとっては文字どおり敗戦を経験した)に自分がこういう立場に立つとは思っていなかった。中曽根氏は海軍主計将校として海軍内でもう油がきれるので戦争は負けだとわかっていたという。

 不破氏は小学生のとき敗戦を迎え、共産党に就職してマルクス資本論に出会い、頭角を現した。ソ連はそこに書かれていることと正反対のことをやったという。やっぱりいま尊敬する人といえばマルクスだという。

 土井氏は敗戦時は国会議員になろうとは露も考えていなかった。当時は女性で憲法を研究する学者などは皆無で研究員と呼ばれていた。それよりも日夜が死と背中あわせの勤労動員の学徒だった。国家を背負っていた点では3人は同じだった。

 土井氏はある日突然民社党の成田知巳委員長から電話を受け、国会議員への立候補の勧誘を受けた。初めは立候補しようとは思わなかったが、次第にこの閉塞した日本を変えるには
自分が変えるしかないと考えるようになった。選挙の結果は自民党大敗、社民党の勝利であった。3人とも国家を背負っており、哲学を持っていた。

 それに比べいまの国会議員はそれがないし、信用できない。3人が異口同音に指摘することはいまの福田総理には、「この日本をどうもっていくかの明確なメッセージがない」ことである。

c0067077_1635547.jpg

写真説明 庭のチャイブがこんなにかわいく花を咲かせてくれました。
下は青筋アゲハチョウです。やっと春らしい天気になったので、安心したのでしょうか、ひらひらと飛んできて羽を広げ親しそうにとまりジッとしています。こちらもいい気持ちになってちょうちょうを見守ってしまいました。



それから論点10の非公開のチェックをはずすことを忘れていることに気がつきましたので、そのときの時点のまま公開します。






c0067077_16352622.jpg
[PR]
# by burari-skuri | 2008-05-15 11:55 | 論点
グローバル市場では勝ち組は2社程度

 グローバル市場で生きてゆくのは2社程度、大型スクリーンTV市場での生き残り競争が始まった。まだまだ安いテレビが出てくる。まだはやいものの、年末の商戦にメーカは賭けるだろうが、まだまだ安いテレビが出てくるだろう。いま買ったら損だ。

 パイオニアが全面的にプラズマ・パネルを生産停止し、テレビの組み立てに専念する決定を行った。これで日本のプラズマ・パネル・メーカーは日立、東芝の2社に集約される。グローバル市場でいき乗って

  ソニーは10万円を切るELDテレビを発表したが、これは液晶技術をプラスチックスに応用したもので、コダックが基本特許を握り世界の70社が実用化に取り組んでいる技術。携帯電話の世界ではとうに搭載されている液晶を応用したより鮮明で安くできる技術。大型スクリーンTVはこれから安くなるはず。いま買ったら損だ。

 液晶技術はパソコン系(インタネット系)で、2010年には折れない、定期的に中身をインターネットを介してダウンロードできる電子新聞が登場すると思われる。

 プラチックスに応用した技術は、有機発光ダイオードと呼ばれ、OLED(OPTICAL LIIGHT-EMITTING DIODE)の略。日本メーカーは有機ELと呼んでいる。

 
パイオニアはプラズマ大型スクリーンTV生産を松下に委託、テレビ組み立てに特化

 パイオニアはこれまで大型プラズマ・スクリーンを自ら生産してきたが、松下に委託し、テレビ組み立てに専念することにした。これでグローバル市場に向け生産する日本メーカーは松下、日立の2社になるが、おそらく世界的に見てもこの2社が生き残るのではなかろうか。

 
[PR]
# by burari-skuri | 2008-05-03 12:17 | ITトピックス

退院しました

4月27日に退院復活

 4月27日(日)に退院、復活を果たました。やりたいことがいっぱいです。わが家は急な坂に面しています。一夜あけて今日は公子に手を引かれて近くの家庭料理を出してくれるところへ軽く散歩を決め込もうとしたのですが、どうしてどうして、左大腿骨頭内側置換え手術といえば大手術、途中の疲れは相当のもので、完全カムバックには時間がかかるようです。

 いずれにしても、この1カ月の経験をバネにして、悠一郎は生きたいと思っております。なってみないとわからないのですが、老いとはこういうもので、いつやってくるかわからない。筋力の衰えはどうしようもなく底なしである思いを味わいました。何しろ昨日やすやうとできたことがまったくできなくなるのですから。ここから抜け出すには、努力しかありません。

スッタフが足りない=とにかく忙しい

 3月25日、いよいよ歩けなくなってきました。かかりつけの整形外科の先生が紹介状を書いてくださいいました。近くの総合病院2ヵ所でベッドの空きがないという理由で断られ、3番目の中規模病院(120床、板橋区)が受け入れてくれました。

 ここはスタッフ全員が優秀で、とにかくやることが多く、手が足りない。全員がかばい合いながらら深夜も働いています。 一人ひとりが自主的に自己判断で動いています。お医者さんは手術が終わったあとは、この患者さんは生きようと努力するかをみます。60パーセントの患者さんが寝たきりになるといわれます。

 いずれにしても、介護の世界は手が足りない。このままでは手が足りなくなる一方ですが、勉強家のベトナム人、フィリッピン人介護士さんや、看護師さんも補充されるとNHKスペッシャル番組は伝えています。
c0067077_14221239.jpgc0067077_14203768.jpg


















家の近くに西光寺という天台宗の寺があり、藤の鉢植えがいまがさかりです。その横の可憐な黄色い花は、悠一郎を迎えてくれた庭のムルチコーレです。公子が花が好きで、狭い庭を利用して花を栽培しています。
[PR]
# by burari-skuri | 2008-04-28 15:26 | 介護・老い

蝶つがい部分が骨折

公子代筆です。本日、父・悠一郎より原稿を預かってきました。

結局、これが高齢者の一般的な骨折だということですが、左大腿骨の蝶つがい部分を骨折。歩けなくなったので、近くの受け入れてくれた病院に入院する羽目となってしまいました。

手術は火曜日と決まっており、代替金属を埋め込む手術です。80代、90代のお年寄りが手術を受けて、以前よりピンピンして歩いて退院してゆくそうです。悠一郎も骨折したので、ぜひもありません。

頑張って手術を受けようと思っています。みなさんまたお会いするまで。

c0067077_17114554.jpg写真:石神井川の桜(公子撮影)

悠一郎も散策を楽しみにしていたのに、1年お預けとなってしまいました。
[PR]
# by burari-skuri | 2008-03-29 17:14 | 介護・老い

只今、入院中です

公子代筆です。

3/25、朝方より父・悠一郎は痛みのためベッドから起き上がることができなくなり、入院いたしました。救急搬送先で詳しく調べたところ骨折が判明! 左足大腿骨頚部内側骨折というもので、4/1に人工骨頭置換術という手術を受けることとなりました。

なにやら難しそうな名前ですがご高齢の方に多い骨折で、その手術も一般的なものだそうです。早い人で術後4~5日ほどで歩いて退院される方もいるということで、本人も頑張ると申しております。

BLOGの投稿が中途半端になっておりますが、どうかお持ちくださいませね。なお、励ましのコメントなどいただければ父も喜ぶと思います。
[PR]
# by burari-skuri | 2008-03-28 17:48
畳の上にしたたか大腿骨を打つ

 いままで書きませんでしたが、これまで何回も転倒してきました。しかし、こんど(3月18日夜)は畳の上ながら手痛い転倒をしてしまい、長女を呼ぶ羽目に陥ってしまいましたました。左大腿骨を打ち、激痛のため動けなくなったのです。

 いきつけの整形外科にいき、レントゲン写真を撮ってもらったところ、左大腿骨のところが1ミリずれている可能性があり、月曜日になってみないとわからないという診断でした。そへもってきて3月21日昼にはもう一度後ろへぐらぐら転倒して背骨を打ってしまいました。

 涙がこぼれるほど嬉しいのは娘の優しさです。悠一郎は月曜日まで頑張って、骨粗鬆の手術を受けなくて済むように願っています。
[PR]
# by burari-skuri | 2008-03-22 15:55 | 介護・老い
頭ハッキリ老人にはもの足りないいまの自立支援

 いまの自立支援支援サービスは頭ハッキリ老人に向いた支援管理法が欠落している。つまり、いまの管理体制はおもりのついたマシンを使って物理的リハビリ支援をする方式と、車椅子に乗っている肢体の不自由なお年寄りを対象とする支援とに限られ、一定時間内にサービスをこなすゼネラルな管理しかない。前者の自立支援はかかりつけ主治医の情報提供書に肺気腫と書いてあれば利用できない。心に対する自立支援サービスが欠落しているのである。

 世の中は足腰が弱ってきたが、車椅子に乗るまでもない頭ハッキリ老人がたくさんいるのだが、こうした老人に対する自立支援サービスが開発されていない。

計算が早くできること、左手はチョキ、右手はグーを出せることが頭の回転が早いわけじゃない

 筆者は子供のときから超不器用で、見出しのようなことはとてもできない。しかし、暗記物は得意で、中学生のころは先生の癖を思い出しながら2度ぐらい教科書を読めば一言一句間違わずに暗記できた。おかげで試験はいつでも100点か秀であった。

 東北大学加齢医学研究所教授川島隆太さんは「いい言葉は脳を若返らせる」という本を監修しておられ、有名な名文(たとえば清少納言の「徒然草」の出だし「つれづれなるままに、・・・・」やヘルマン・ヘッセの「愛されることは幸福ではなく、愛することこそ幸福だ」を読むと、脳の血流が刺激され若返る)といっておられる。是非頭ハッキリ老人の心をなごませる系統だったサービスを開発してもらいたい。

 
[PR]
# by burari-skuri | 2008-03-10 20:00 | 論点
かつてのピカイチ言語FIORTRAN、COBOLはいまや骨董品

 いま問題の年金積み立ては確か厚生年金から始まったと思うが、外国機の超大型コンピュータ(当時の超大型といえばIBMかユニバック製しかなかった。確か初めは総理府統計局がIBM製を導入し、厚生年金の処理に当たっていたと思う)を入れ、当時のピカイチ言語FOTRANまたはCOBOLで書かれた。

 国産メーカーは産業の黎明期にすぎなかった。筆者は当時からおなじみの年金手帳を見たような気がする。

いまや骨董品FORTRAN、COBOLがわかるシステム・エンジニアはめったにいない

 昨今は団塊の世代の退職ラッシュである。団塊の世代はFORTRAN、COBOLを習った最後の世代とわれる。新聞によれば、社会保険庁は年金手帳をコンピュータで読み取るプログラムを開発した。しかし、何百万件かの年金手帳の原本は地方自治体で破棄してしまったのだからどうしようもない。

 もしマイクロフィルムに原本を撮影したから問題ないからといっても完璧を保証されたわけではない。原本を破棄していない年金手帳にしてもコンピュータで読み取るサンプル調査では多額の費用と年月がかかるようである。これは年金手帳が破棄されなかった件数についてである。

こういう事実は、国民の前で初めてオープンに交わされた与野党間の質疑応答で白日のさらされたのであり、民主党が求めている当時破棄を決めた3人の証言を自民党の某氏が勝手に議事録から削らせたなど行為がみられたそうである。

 ガソリン税の一般財源化にしても質疑応答が進むにつれて税金の無駄使いがいまや既得権化していることがさらけだされた。言語道断である。

楽をするためと既得権を温存するためになんでもサービス・ビジネス化

 グローバル化の一環としてサプライ・チェーン・マネジメント(略してSCMという)が進む。2、3日まえにNHKがアメリカのヒラリー・クリントンとオバマの接戦をほうじていた。その一環としてSCを追求するソフト会社役員を突然辞めさせられた人の話が出ていた。
[PR]
# by burari-skuri | 2008-02-12 19:44 | 論点