介護の現実を描きます。ITトピックスをお知らせします。旅と歴史を描いた私のHP「日本ぶらり歴史の旅」(英文もつくってあります)http://www.ab.auone-net.jp/~nut/にもぜひアクセスしてください。


by burari-skuri

<   2008年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

日本では絶対に起こりえないこと

 アメリカでは誰でも大統領になれる。黒人バラク オバマ(Barack Obama)上院議員が次期大統領に選ばれた。アメリカ人が建国以来最初の黒人大統領を選んだわけである。これはすごいことだ。ふりかえってみれば、政体の違いあるとはいえ日本では絶対に起こりえないことである。世界の歴史に影響を及ぼすだろう。

 47歳のオバマ氏はいろいろな世界的な雑誌ロンドン・エコノミストほかの情報を総合するときわめて現実主義的で今後次の懸案問題を卒なくこなしていくとみられる。2009年から2027年までの8年間にこれに要するアメリカの建て直しのために資金は1兆ドル(100兆円)とされ
る。

*金融不安の沸式。米国発信の世界経済動揺を鎮めるべく主要国政府(G7)。

*5000万人といわれる健康保険無加盟問題の解決。

*イラク、アフガンからの軍の撤退。

サブプライムローンで儲けるだけ儲けたアメリカの金融機関の破綻を救済すべくる各国サミットは一堂に会し日本の麻生総理はIMFに1兆円規模の資金拠出の用意があると演説した。
これは政策ではないと酷評する論評がある。いったい道義を喪失したこの日本をどこへ導くのかについての政策が何もない。

 日本には世界に冠たる国民皆保険と介護保険(必ずしもうまく機能しているとはいえないが)オバマ氏はこれの改良に取り組むだろう。

 アメリカの軍を撤退させるだろう。この際イランとの間にエネルギー消費との兼ね合いから核燃料の取引を行うカも知れない。
[PR]
by burari-skuri | 2008-11-20 16:10 | 論点
桐のたんすの価値破壊起こる

 悠一郎は11月27日を期して57年間住み慣れた家から公子夫婦に引き取れられることになっていますが、転倒した影響からはやっとSぢゅつ脱出したものの、腰まわりの痛さから手伝うこともできずじれったい日々を送っております。公子はまさに獅子奮迅活躍ぶりです。

 それを思うと申し訳なくてしかたありません。ところで、57年もたてば時代の仕組みが変ってものの魅力がなくなります。たとえば桐のたんすはいまや無用の長物で片づけ屋さんは見向きもしません。重いばかりでかえって捨てるよりしょうがないといいます。

 それにひきかえ彫金の道具などは価値があるのだそうです。悠一郎と公子はため息が出てしまいました。器用な幸子のいろいろの思い出とともに・・・・・。
[PR]
by burari-skuri | 2008-11-15 16:25 | 介護・老い