介護の現実を描きます。ITトピックスをお知らせします。旅と歴史を描いた私のHP「日本ぶらり歴史の旅」(英文もつくってあります)http://www.ab.auone-net.jp/~nut/にもぜひアクセスしてください。


by burari-skuri

<   2008年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

少しずつ痛み去る

毎日痛み移動

 「痛くても毎日我慢して歩かなければほんとうに歩けなくなってしまいますよ」という先生のお話しを忠実に守っていますと、日一日と良くなってように感じられます。ただし、痛みは移動し、それが良くなっていく知らせのように思われます。

 ぎっくり腰に1年前になり、半年前に左大腿骨頭を骨折して以来、リハビリにいしょうけんめいつとめてきましたが、筋力の衰えはリハビリの努力よスピードが早く、少しでも怠けると筋力の弱まりを感じます。

とら猫、完全にいつく

 ところで、先にお知らせしたとら猫ですが、完全にいつくようになりました。よっぽど居心地がいいのでしょうか、1日中家にいるようになりました。 
c0067077_10321637.jpg

[PR]
by burari-skuri | 2008-10-30 11:22 | 介護・老い

57年住んだ家を去る

公子と夫婦が悠一郎を引き取る

 11月27日悠一郎は57年間住んだここを万感の思いをもって引っ越します。と同時に悠一郎をほうっておけないとして引き取ってくれる公子夫婦感謝の念を禁じえません。

 思えば、悠一郎がひとまずここに一人暮らしをはじめたのは57年前でした。なぜか次の出来事が鮮明に印象に残っています。

 悠一郎と幸子もう公子が寝たのでそろそろイチゴを食べようかと腰を上げると、公子が隣に部屋で「うふんイテイゴ」と泣いたので夫婦顔を見合わせて大笑いしました。

 次女久子は重度の喘息なので毎夜のようにおんぶして病院へ行ったのは幸子でした。いまになってみれば悠一郎は一緒に病院までいったのになぜおんぶしなかったのかと後悔しています。

 公子が知らないうちに庭のモミの木の葉っぱを食べていました。小さな口に大きなモミの葉っぱ。たちjまちはなじをだしてしまいました。親はビックリ。だが、プツンと血ぞめの葉っぱが出ると、ピタッと出血がとまりました。

 当時はNHKのオハナハンを見るためオフィスからっぽになり、毎日早く帰宅するような亭主は甲斐性なしといわれた時代でした。

 1990年代は幸子との蜜月時代でした。なぜなら、この10年間に7度海外旅行をし、6度は日本の真冬に真夏のニュージーランド、オーストラリアにいったからです。こときの幸子は生き生きとしていました。

いまにして思えば

 蜜月時代には「いまにして思えば」その後発病したアルツハイマー病の兆候がみられました。たとえばトイレつきのバスのトイレからでられなくなるといったことが起こりました。

 結婚する前には「私はあなたを幸せにする」といったのに仕事ばかりして、淋しかったのだと思います。
[PR]
by burari-skuri | 2008-10-29 17:54 | 介護・老い

移動する痛み

O整形の先生は痛みを押して歩けとご宣託

 いきつけの整形医院の先生は「痛みを押して歩かないと筋肉が固まってほんとうに歩けなくなくなるから、とにかく歩け」といいます。その忠告にしたがって悠一郎は痛みを押して歩いています。

公子が猫を手なずける

 ところで公子は大の猫好きです。知らない猫も公子が呼ぶと、寄ってくるのです。今日はとうとう手なずけて家の中にあがってこさせることに成功しました。これでニャンコはきたいときにくるようになるでしょう。
c0067077_20194432.jpg

[PR]
by burari-skuri | 2008-10-22 17:07 | 介護・老い
リハビリデイサービス施設はキャンセル

 あまり左足が痛むので予定のリハビリ施設のデイサービスを急遽キャンセルして1日早くいきつけのO整形外科へレントゲンを撮りにいきました。結果は幸い骨にヒビは入っていないということでした。

 しかし、だからといって歩かなければ筋力弱る一方だという診断でした。公子は冷静に判断して回復に1か月はかかるだろうといいます。

 公子は整形医院へ行ったときも肩を貸してくれました。悠一郎は日一日回復に向かうよう頑張るつもりです。
[PR]
by burari-skuri | 2008-10-21 16:34 | 介護・老い

依然激痛が走る

日一日と快方に向かうことを願って

 昨日はぐっすり眠ることができました。昨日までは左大腿骨の骨折して手術を受けた外側が痛んだのですが、今日は内側が体重をのせたときにズキンと痛みます。午後は近くの眼科へいきました。

 ところが、あまりに痛みがひどいので健康人ならば5分で着いてしまうところが40分かかってしまいました。それでも公子は嫌な顔ひとつ見せずに終始悠一郎を支えてくれました。公子の存在は絶大です。

 また眼科の看護婦さんや待合室の患者さんたちはわがことのように心配してくれました。有難うございます。
[PR]
by burari-skuri | 2008-10-20 14:22 | 介護・老い

転ばぬ先の杖

またまた転倒

 今日からがらり日常感じたことを書きます。今週の月曜10月13日、ショートステイ先またまた転倒してしまいました。さいわいしりもちで済んだからよかったものの、調子を上げつつ日に日に回復していたリハビリを1からやりなおさなくてはなりません。

 原因は杖を突かずに照明をつけようとして照明のひもをひっぱろうとして上を向いたことでした。悠一郎は自然と目に涙が出てきました。
 
 同時に公子に済まない気持ちでいっぱいになりました。

若いときに身体を鍛えておかなければ老いてから情けない思いをする

 帰ったとき公子はけなげにもやさしく笑って迎えてくれました。体が資産の芸能界、スポーツ界の人々は若いときから身体を鍛えておりますね。あれは伊達や酔狂でやっているわけではないと思います。

 若いときにぜいたくをして安易にすごしていると、結果はプーメランのように老いたときの涙となって戻ってくるようです。リハビリを1からやりなおすということは時間と痛みをこらえる戦いで築くといった感じです。
[PR]
by burari-skuri | 2008-10-18 16:43 | 介護・老い