介護の現実を描きます。ITトピックスをお知らせします。旅と歴史を描いた私のHP「日本ぶらり歴史の旅」(英文もつくってあります)http://www.ab.auone-net.jp/~nut/にもぜひアクセスしてください。


by burari-skuri

<   2008年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

認知症の論議は入り口に終始

 認知症にかかっている人は現在170万人、10年後は350万人に膨らむと予測されている。2008年1月20日夜9時NHKは、「スペシャルNHK」を流し、介護をする人びとを含む認知症に悩む人びとの現状を取材、報道した。

 筆者はアルツハイマー型認知症の妻を介護してきた経験から感想を述べることにする。

 筆者のかかりつけ医は日大医学部出身で、臨床医学最前線と太いパイプをもっておられ、先生の優秀さと豊富な経験もあり、約7年前には妻が若年性アルツハイマー病にかかっていると診断された。ときに妻は63歳。そこで都立医療センターの物忘れ外来に診断を申し込むことになった。

 ところが、専門の窓口である精神科の予約受付は10月であったのに、予約がとれるのは4ヵ月後の翌年2月という話。。そこで、かかりつけ医に相談したところ、「それなら神経内科もの忘れ外来から戦術的にやってみましょう」ということになった。

 すると、すぐに診断の予約が取れ、翌週には診断になり、MRIを撮った結果、海馬のDNAがすきすきであることがわかった。認知症に詳しいかかりつけ医でこんなに違う例である。

 報道では夫婦のどちらかが認知症で、入り口のところで戸惑っている姿であった。これらの人びとは不安ななかで医師に抗うつ剤と認知症の進行を遅らせるアリセプトというクスリを処方されますますかえって不安定になり、不安にうちひしがれてきた姿であった。

認知症には2種類ある

 認知症は大きく言って脳血流異常とアルツハイマー型津の2種類があるのだが、報道ではそのことが明らかになっていなかった。筆者の旧満洲の中学校のクラスメートはリハビリ法の大家である。彼に電話をかけ聞いていたのと、本を送ってくれたので、読者のご参考のために書くと、認知症には大きく言っての血流異常型、アルツハイマー型の2種類があり、前者は脳梗塞型の疾患を指し、後者は記憶と思考との間をとりもつ海馬に関係している。

 アルツハイマー型認知症と脳血流疾患のある人は、表面は同じような病状を伴うが、アルツハイマーにかかっている人は海馬の欠陥であるから、ものの認識ができなくなるの末期においては、坂道を転がるようにものの認識ができなくなり、例えば食べものを前ににしてもそれが食べものと認識せず、口を開かなくなり、いま自分がどこにいるかがわからなくなり、歩くことを忘れその場に座り込んでしまう。一方、脳血流疾患の人は肢体不自由を伴う。つまり、アルツハイマーは思考との間をとりもつ海馬の病であるから、言葉の表現が支離滅裂となり人格破壊が起こるのに対し、脳血流疾患の人は人格破壊が起こらない。

 クスリといえば完治薬はなく病気の進行を遅らせるアリセプトというクスリがある。しかも、アリセプトは個人個人によって効き目が違い、使ってみないとそれがわからない。また、現在までに実にいろいろな抗うつ剤が開発されており、医師は自由に処方できる。睡眠促進剤もいろいろあって驚かされる。つまり、医学は脳をここまでコントロールできるという段階に達しているということである。

 放映では、これらの薬を投与されてそれが個人の病状に合わず、困った例が取り上げられていた。筆者が強調したいのは、アルツハイマー病は人格破壊が起こる不治の病であることだ。一方、脳血流疾患は老いとも関係するが、涙ぐましいリハビリ努力によって完治する例があり、人格破壊は起こらない。

 放映では、この区別がなされていなかった。筆者はこの放映に出席した人びとはアルツハイマー病のことは先刻承知していていると思うが、アルツハイマー病にかかっている人は、自分がどこにいるかがわからないのだから、不安で不安でしょうがなくなり、時間に関係なく徘徊が始まる。

硬直した報道体制?

 放映が客観的でないようではNHKの総合テレビという言葉がなくというものだ。これでは認知症の放映が誤ったイメージを伝えてしまう。

 すでに発表されたように、京都大学中山教授は再生医学の面で、患者自身から幹細胞の再生可能性を示し、大学を超えた協力体制が動き出そうとしている。

 NHK総合テレビと名つける以上は客観的であるかの反省がなくてはならない。そして、とかく遅れがちの日本の新薬認可に焦点を当てた報道があれは科学部の扱いなどとの縄張り意識を超えて総合的、客観的に行われなくてはならない。「その時の歴史を動かす」ぐらいの気概をもて当たるべきだ。

 話題になっているから取り上げる惰性的番組編成はやめてもらいたい。
[PR]
by burari-skuri | 2008-01-26 15:00 | 論点
すなおになって、みんなに支えられる

 正月をはさんで3度きてくれた長女の公子と、幸子との8回目の面会に行ってくれた次女の久子が異口同音にいいました。「お父さん。あぶないから、ステッキを使ったら?すっかり、腰が曲がったわね。ヘルパーさんにきてもらうと大分気持ちが違うわよ」。そして2人ともずいぶんやさしくなりました。

 そうです。老いとはある日、突然やってきて、ここを通過すると、あっちもこっちも機能が低下し、客観的に見てすっかり老け込んでみえるようです。いくら力んでみてもどうしようもないのです。

 処方箋は、これに負けない強靭な精神をもつことです。「健全な身体に、健全な精神は宿る」ではなくて、ほんとうは「健全な精神に、健全な身体は宿る」ようです。

 それではどういうように腰痛とつきあいをしたらいいのでしょう。あれあれ、また腰痛が始まりました。「腰痛さん、いらっしゃい。仲良くしようね」。痛いと思うのでなく、ゆったりした気持ちで仲良くしようねと思うと、不思議と痛くない経験をしました。心のもちようのようです。老いた事実はなくらないのですから、すなおになって、みんなに支えられことがいいようです。

 介護保険では自立支援という認定制度があって、立ち直る志をもった人を支援してくれます。ヘルパーさんに2週間前から週に1回きてもらい、わずか1時間ですが、掃除や洗濯をしてもらっています。やっぱり女性のやることはスッキリしたものです。

 「心頭を滅却すれば、火もまた凉し」と火の中で死んでいったお坊さんの話は有名ですが、悠一郎は凡人です。関取はしょっちゅうけがをしていますが、土俵の上に上がると全然痛みを感じません。それは悠一郎も小学校の剣道の試合のときに経験済みであることで、そのことはすでに書きました。つまり、腸チブスの予防注射であがらなかった腕が試合のときは軽がると上が
り、勝利をしめた経験です。

 しかし、悠一郎は悟りを得ているわけではありませんし、しょっちゅう土俵ぬの上に上がる機会はないのですから、腰痛と仲良くするにはどうしたらいいでしょうか?まずゆったりした気分で腰痛を出迎えることだと思います。そして、自己中心の気持ちをもたず、老いと闘っているのは自分だけではないと思うことでしょうか。

娘たちが一段と優しくなる

 老いと闘う姿を客観的にみて、娘たちは「これはほうっておけない」と思うのでしょうか、一段と優しくなりました。結局、ゆったりした気持ちをもつことと、意固地をはらず、現実を受け入れるとともに若若しくあるようにリハビリに励むことのようです。

 次女は茅ヶ崎に住んでいるし、男の子が2人いるのですから、そうしょっちゅう悠一郎を見るわけにはいきません。しかし、公子は近くに住んでいるし、子供はいないのですが、実は公子は子供が欲しくてうつ病にかかっており、それにそう若くはありません。それを押して悠一郎の介護を決心しているわけです。悠一郎はありがたいと涙がこぼれるばかりです。

 
[PR]
by burari-skuri | 2008-01-19 20:00 | 介護・老い
次女と孫と面会

(12月15日)実に2ヵ月半ぶりに幸子に8回目の面会を行いました。今度は茅ヶ崎住まいの次女の久子と孫の瑞雄(高校1年)がいっしょです。長女の公子が、連れ合いと1週間前に幸子の様子をみにいってくれたので、今度の面会は10回目です。小学校6年の男子の孫(陽二)がいるのですが、土、日は街の野球の練習がありますので、行かれませんでした。瑞雄は活発な、およそやってみたいと思ったことはなんでもやってみて(たとえば塀に登ってってみたいと思ったら、登ってみる)、そのために怪我の絶えない子でしたが、すっかり落着いた子こになりました。陽二は、どちらかといえばおじいちゃん似の性格です。

 このあいだ悠一郎が茅ヶ崎を訪問したときは、コインを集めているといって、コイン・アルバムを大事そうに見せました。悠一郎は戦後、日本政府が為替管理をしていて、1ドルが360円に固定されていた時代に海外コンピュータ産業の動向調査団のメンバーとして欧米を回ったことがあります。

 ですから、1ドル対360円当時の価値にして500円以上の銀貨をたくさんもっています。中にはそのとき限り発行されたオーストリア銀貨もあります。「おじいちゃんは、コインをたくさんもっているから帰ったら送ってあげよう」。「うん。待っているからね。おじいちゃん」悠一郎は帰ってから考えました。後生大事にコインを眺めていても、あの世にもっていけるわけではないし。ここはコイン・アルバムを全部陽二に与えよう。そすればズッシリと陽二に印象が残るだろう。これが教育というものではないか」。悠一郎は、さっそく実行しました。

元気でいてくれた幸子

 次女と瑞雄をつれて部屋に入ったときは、1時間いつもより遅かったので、幸子はまどろんでいました。お医者さんが様子を話してくれました。内容は長女の公子が聞いたことと同じでした。


 「つまり、胃ろうによる栄養補給はうまくいっていて、微熱が出る傾向も止まったので1週2回の入浴も支障なく行っている」ということでした。12月に訪問ヘア・カットをお願いしてあったので、髪の毛はきれいになっていました。しかし、胃ろうを通じての(自ら食べものと認識をしてない)栄養補給のためこころなしか髪の毛が細くなったように感じられホロリとしてしまいました。手をにぎってやりました。

 この日はまどろがちなので、職員にお願いしてきたくすることにしました。院長先生自らエレベーターまで案内してくださいました。
[PR]
by burari-skuri | 2008-01-11 20:00 | 介護・老い