介護の現実を描きます。ITトピックスをお知らせします。旅と歴史を描いた私のHP「日本ぶらり歴史の旅」(英文もつくってあります)http://www.ab.auone-net.jp/~nut/にもぜひアクセスしてください。


by burari-skuri

<   2007年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

続投して総選挙の結果を出してこそ意義がある

 小沢さんが辞意を撤回して国民に率直に謝った。民主党の全幹部が自民党との大連立を拒否したからであった。これだけ正直に今の国会議員は謝れないのではないか。

結局、福田内閣は冷たい 

 それにしても、フェブリノゲン投与のC型肝炎の薬害訴訟に対する福田内閣の処理の仕方は冷たい。裁判所に顔が向いている。防衛省元次官守谷氏の収賄問題、参議院における民主党の優勢、福田内閣は窮地に立たされている。

解散・総選挙に追い込まれるのでは?

 12月22日夜、ミノモンタが国会議員を大勢集めてQ&A番組をやっていた。ミノ氏は問いかける。全議員が命または家族と書いた。「なぜいま消費税をあげる話ではなくて、命を守るために介護に予算を回せないのですか?」、答え「福田さんが決断するほかない」。福田さんの頭のなかは、新テロ法案を通すことでいっぱいなのではないか。それと、それに失敗すれば解散総選挙にうってでることでいっぱいなのではないか。

 結局、福田さんは原告団全員を国家補償とするには議員立法によって切り抜けるしかないとして、議員立法を指示したが、その対応が遅かったとして野党は攻勢を強めている。福田さんは結局、総選挙に打って出るのではないか。
[PR]
by burari-skuri | 2007-12-23 15:40 | 論点