介護の現実を描きます。ITトピックスをお知らせします。旅と歴史を描いた私のHP「日本ぶらり歴史の旅」(英文もつくってあります)http://www.ab.auone-net.jp/~nut/にもぜひアクセスしてください。


by burari-skuri

<   2005年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

下品な言葉、日本は品格の悪い国になってしまった

 マスコミ、とくにテレビは国民の生活に甚大な影響を及ぼします。そのテレビは、エンターテインメント(娯楽)と視聴率一辺倒に堕落してしまったと思います。まず使われている言葉が散文的で、汚いですね。

 孫や、男の小学生たちを見ていますと、小さいときは自分のことを「○○ちゃん」と呼んでいますが、幼稚園に行くころになると、「ボク」に変わります。そして、小学校に上がると、「おれ」に変わります。私は、「おれというのは、いい言葉じゃないから、よその人にはボクと言うんだよ」と注意します。クラスじゅうが「おれ」というのでそうなるのだと思います。

 テレビのレギュラー番組では、毎日、タレントを招いて「今日のお客さまは、誰々さんでーす」とやります。そのお客さまが男性の場合は、よく自分のことを「おれ」と言います。子供は、すぐにそれを真似します。

 毎日の放送で、もういい加減にしてもらいたいと思うのは、タレントはもちろん、アナウンサーまでが「すげー」、「~をゲット」、「大公開」、「大興奮」と、何にでも「大」をつけることです。

 それに「○○のチケットを○日に発売開始」というひどく間違った表現もしょっちゅう聞かれます。「発売」がそもそも「売り始める」という意味ですから、「開始」は必要ありません。

 文化は、その国の形で、日本文化には「奥ゆかしさ」、「ものを大切にする」ところがありました。「もったいない」という概念は日本独特のものではないでしょうか。

 生活に心のゆとり、はりを取り返し、日本を品格ある国にするには、先ず使う言葉をきれいにすることが大切ではないでしょうか。

板橋熱帯植物館のキョウチクトウ

 毎回の記事の最後に「花」の写真をご紹介してきましたが、今日は板橋区熱帯植物館のキョウチクトウ、学名「ロドデンドロン・ゴールデン・グローリー」を掲載いたします。掲載する写真は、必ずしも新しいものとは限りません。かなり以前のものが含まれます。
c0067077_83441.jpg

[PR]
by burari-skuri | 2005-05-23 08:55 | 言語
c0067077_8374088.jpgしゃくなげの森

 静岡県の修善寺町、天城湯ヶ島町、土肥町、中伊豆町が合併してできた伊豆市の修善寺温泉郷の入口には、従来の修善寺町が運営していた「郷土資料館」と「ホール」があり、その前には黒米をベースとするレストラン「薬膳料理」があります。その道路を渡って筋向いにはコンドミニアムの「セザール」と連携する「ホテル滝亭」があり、誰でも一人1000円で入浴ができます。ここの温泉は、1000年以上の歴史をもつ名湯で、風邪や疲労回復、胃腸によく効きます。夕刻4時前であれば、いつもすいていて湯の量は豊富です。修善寺を詳しくお知りになりたければ、私のHP[日本ぶらり歴史の旅](http://www2.tokai.or.jp/nut/)をご覧ください。

 滝亭から温泉場へ向かって2~3分歩いたところにからほどないところに五葉館という小さなホテルがあり、そこから右へ直角の路が出ております。その道を20分ほど上がって行くと、左側の山に修善寺「梅林」があります。梅林を横目にさらに奥へ15分ほど上がって行くと「イギリス村」、「カナダ村」、「日本庭園」、「匠の里」、「しゃくなげの森」、「菖蒲園」などがある「虹の里」に着きます。園内にイギリス村からカナダ村をつなぐ園内一周ロムニー鉄道が走っていて、春夏秋冬花を楽しむことができます。子供も大人も清澄な空気、異国情緒、日本の伝統的匠の技を楽しめるのんびりした遊園地です。入園料は、大人1200円、満4歳~小学生600円です。

 もうしゃくなげも終りに近づいていますが、ここの「しゃくなげの美」をご紹介しましょう。上の写真は「しゃくなげの森」の入口を告げる「水車小屋」の風景です。いまから50数年前の農村には肯いう小屋が全国にあって、水の力を利用して米や麦をついていたものでした。2枚目の写真は、入口からほどないところに交じり合って咲き競うありさまです。c0067077_8421144.jpg
















 3枚目は真っ赤に咲き誇る「プレジデント・ルーズベルト」と命名された石楠花(しゃくなげ)です。しゃくなげは非常に多種類の花だそうです。c0067077_8543759.jpg

















 4枚目は、白いしゃくなげの花です。しゃくなげは、「つつじ科」だそうで、小さな白は「可憐」、絢爛たる大きな白は「高貴」な感じがしますね。c0067077_9194086.jpg


















 最後の5枚目は、しゃくなげではありません。カナダ村の温室で見たブーゲンビリアがあまりにきれいだったので、掲載させていただきました。c0067077_9251752.jpg
[PR]
by burari-skuri | 2005-05-17 17:08 | 植物館と植物園