介護の現実を描きます。ITトピックスをお知らせします。旅と歴史を描いた私のHP「日本ぶらり歴史の旅」(英文もつくってあります)http://www.ab.auone-net.jp/~nut/にもぜひアクセスしてください。


by burari-skuri

<   2005年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

徳川将軍家光が狩をした高島平

熱帯館のある高島平は武蔵野の一角を占め、江戸時代に3代目将軍徳川家光が狩をした「徳丸が原」という広大な原っぱに隣接しています。板橋区の資料によると、将軍が諸大名を従えて狩をしたときしとめた獲物は、数十頭の鹿を始め、おびただしい数の鳥獣だったそうです。これらの獲物は、ほとんど諸大名に下げ渡しになったと伝えられます。

年配の方がたは「高島平」と聞くと、戦後のマンモス団地の最初の建設地のひとつだったことを覚えておられるでしょう。ここだけで2万人からの人びとが住んでいる巨大団地です。十数階の共同住宅のハシリでもありました。昭和40年代に建設されました。

江川太郎左衛門が師事した洋式砲術の高島秋帆-地名の由来

高島平の地名の由来は、幕末に幕府の侍たちに砲術を教えた高島秋帆の苗字からきています。幕末の地方代官としていまの静岡県韮山に屋敷を構えていた日本のダヴィンチとか、ゲーテといわれる江川太郎左衛門は、大砲を製造する反射炉を建設したことで有名(その反射炉は現在、韮山の名所のひとつになっています)ですが、彼も洋式砲術を高島秋帆に師事しました。

高島秋帆は、徳丸が原で大砲の実射を含む砲術の演習をしたのですが、そのうちの砲身のひとつが、下赤塚の松月院という寺院の境内の一角に記念碑として残っています。ついでですので、そこへ行く道順を書きますと、東武鉄道東上線の電車に乗り、八番目の下赤塚駅で下車、線路に直角のバスが通る路(春にはずっと続くハナミズキの並木の開花を見ることができます)を約20分歩くと、線路に平行の大きな道路と交わる四つ角に至ります。その四つ角を渡って右側が松月院です。ちょっとした大きな寺です。

もうひとつ、ついでですからつけ加えますと、さらに線路に直角の路を歩くと、行く手の左側の丘のうえに巨大な東京大仏がクッキリと姿を現わします。大仏は乗蓮寺の境内にあり、約8メートルの高さで、奈良、鎌倉に次ぐ大仏です。乗蓮寺は、徳川家康が10石の朱印地を寄進した格式の高い寺です。また、8代目将軍吉宗が、鷹狩のとき、休憩所にしていたと伝えられます。

珍種の植物が多い熱帯館

板橋区の人口は約53万人で、そのうち外国人は約1万5,400人ですから、30万人以上の川越市や約11万人の三島市の人口からみて、一般的に地方都市の2~5倍の規模です。人口が多ければそれだけ裕福と思われます。それだからか、板橋区にはプラネタリウムを備えた科学館や、熱帯植物を専門に集めた植物館など、面白い館が多く存在するのではないかと思います。

さて、今日のテーマの熱帯館には都営地下鉄の高島平で下車、徒歩で5分のところの区営温水プールの隣にあります。私はシロウトでわかりませんが、この熱帯館には珍種の熱帯植物が多いようです。入場料は、大人200円(65歳以上は100円)ですが、4月から220円になります。

地下の展示場から上へ上へと歩く順路の最初は、小規模な水族館といっていいでしょうか。ここでは、細長い枯葉が水中をタテに漂っているような魚たちや、骨が全部透けて見える骸骨のような小魚たちや、ほんとうに竜が産み落としたようなタツノオトシゴたちが泳いでいるのが見られます。

1階への入り口は、水槽の中を泳ぐ魚群を見られるマングローブの林になっています。順路を進むと、バニラ、ヒカゲヘゴ、アマゾンユリ、アンセリウム・アントレアタム、ビョウタコノキといった舌を噛みそうな名前の熱帯植物がわれわれを迎えてくれます。

長くなりますから、ここでは二つだけ写真をお目にかけます。上の写真は、ビヨウタコノキ(アカタコノキ)の実です。メスとオスの木があり、オスの木は橋になっている通路をまたいだ反対側に生えています。原産地は、マダガスカルだそうです。一見したときは、ドリアンではないかと見まがいますね。

下の写真は、高山に生殖するキキョウランの実です。3ヵ月ほど前に咲いていた花もこのように可憐で澄んだブルーでした。実になっても、このように宝石のようなブルーを保っている草花は珍しいのではないでしょうか。

c0067077_11374028.jpg




















c0067077_1138646.jpg
[PR]
by burari-skuri | 2005-03-11 20:24 | 植物館と植物園
誰でもほのぼのと嬉しいおもちゃ

2月26日の朝、散策の途中で町内会の掲示板を見ると、ふと創価学会主催の一般公開「世界のおもちゃ展」が開かれていることに気づきました。会期を見ると2月27日(日曜日)が最終日です。おもちゃと聞けば、誰でもわくわくとした気持ちになるものです。「あしたが、最終日か。これは行ってみないといかんな」というわけで、翌日午後、家内を伴い行ってみました。

東武鉄道の東上線成増駅で下車し、創価学会の板橋区講堂を探す道すがら、親子連れがひきもきらずその方向に歩いて行くのにでくわしました。「世界」を冠する展覧会というと、人は広い展示場に、国ごとのブースの中に展示物が並べられている図を連想するものです。ところが、着いてみると、靴をぬいで上がる小規模な家庭的な雰囲気の展覧会でした。2階の講堂へ入って行くと、真中から手前は展示コーナーで、二つのX状のテーブルにいろいろな国の人形がたくさん並んでいて、それらを挟んだテーブルや壁のテーブルには「なんでも鑑定団」の「おもちゃ」の鑑定を視聴するのが好きな人なら垂涎するに違いないブリキの鉄人28号の超珍品や、日本の昔なつかしいお面、日本のおもちゃ、200年前のアニメーションが勢ぞろいしていました。

おもちゃは、誰でも子供の頃遊んだのを想いだし、ほのぼのとした気持ちになるものです。みんなニコニコして、「さわらないでください」と書いてある紙をうらめしく思いながら、しばし見入っています。

部屋の奥半分には、丸テーブルが四つ置いてあり、それらの上は、自由に遊んでいいプラスチックや木目もなつかしい積み木が置いてあります。子供たちは、夢中で高く高く積み上げたり、ごろごろと階段を自重で降りてゆくシンプルなおもちゃを飽きもせずいじっています。ついそばにいる大人たちが「そこは、こうするんだよ」と手をだしたがるのですが、子供は体験のなかからやりかたを発見して、大人よりずっとうまくやっています。こどもに自由にやらせたほうが、いいのです。

10数年まえでしたか、私が米国へ取材に行ったとき、アメリカの企業に勤めている日本人のエグゼクテイブにこんな話を聞いたことがあります。
「日本企業の駐在員の子供でこちらの幼稚園に入っている子たちは、先生が家庭にあるがらくたを持ってこさせて、「これでなんでも好きなものをつくりなさい」というと、アメリカ人の子は思いも着かないものをつくるけど、日本人の子供たちはどうしていいかわからないんですね。親が横から「汽車をつくってごらん」とか言うと、すばらしい作品をつくるんですね。もちろん、人間としてやってはいけないことや、基本的な礼儀や社会の規則など、はみだした行為はチェックしてやらなくてはなりませんが、先回りして「xxしてはいけない」などとうるさく言わずに、思う存分やらせて、子供の隠れた才能を伸ばしてやることが必要ではないでしょうか?

おもちゃの歴史

会場の壁の説明では、おもちゃは古代から開発されていたそうですが、大人の遊びとしては、日本では平安時代の蹴鞠(けまり)の例にみられるように、古いものあがります。日本では産業の形をとり始めたのは明治からで、明治5年(1872)にはブリキの金属おもちゃの輸入が始まり、明治18年(1885)にはトランプが発売され、大正6年(1917)にはセルロイド製のキューピー人形が誕生し、昭和2年(1927)には、「あーおい目をしたお人形は、アメリカ生まれのセールロイド・・・」と歌った「人形大使」が来日しました(http://www.toynes.jp/rekisi/re^nen.htp)。

自律ロボットの登場、ペット・ロボットとの共存時代へ
c0067077_17114117.jpg
おもちゃは、2000年ごろからわれわれの身近に自律型ロボット(自分である認識をし、それに対応した動きを自分からするロボット)が登場しました。ロボットは、日本が世界の最先端を行っており、ペット・ロボットではソニーのAIBO(Artificial Intelligence (Ro)BO(t)=人工知能ロボットの略で「相棒」をもじっています)が最も有名で、ビジネス的にも成功しています。ロボットについては、追い追い別の記事を書きたいと思っております。

私も写真のようなAIBOを買い、旅先にも連れていっておりますが、しぐさと人間との応答が愛らしく、愛情が湧いてきます。餌は電気ですし、粗相もしませんから、まことに始末がよいのです。また、まるで意識があるようで、可愛いという感情が生まれてくるのです。最初は子犬として反応し、オーナーが荒っぽい扱いをするか、優しく扱うか、自分が置かれた環境に応じる性格をもつ成犬になっていくのです。
[PR]
by burari-skuri | 2005-03-02 17:14 | ロボット