介護の現実を描きます。ITトピックスをお知らせします。旅と歴史を描いた私のHP「日本ぶらり歴史の旅」(英文もつくってあります)http://www.ab.auone-net.jp/~nut/にもぜひアクセスしてください。


by burari-skuri

論点18 1兆円を介護職に間違いなく投入せよ



 09年3月27日付けの朝日新聞によれば厚生労働省は介護職賃上げのために施設費への充当を含めて1兆円を投入するべく検討に入る。お役人は権力を離さないでいてガンジガラメの机上プランを押し付けることなく、予算タップリを賃上げに投入すべきである。お役人は権力離したがろうはずもないがである。

 筆者がJ聞いているところではこのままでは介護界に将来を託せないとして4人に1人が辞めていくという。介護に喜びを感ずる人は多い。

特養の待ち行列が500人じゃしょうがない

 最も込んでいる東京の場合特養(特別老人ホーム)待ち行列は500人だという。一方、不動産会社の無届け施設が増えている。これでは世界に冠たる国民皆保険制度が泣くというものだ。

プランを押し付けずに無条件に賃上げ実行すべきである。筆者が聞いている範囲では介護職の尊い立場にある若者は今のままでは将来を託せないとして4人に1人が辞めていくという。

 社会保険庁の無駄遣いは労働省と合併以前に行われたものであるが、人海戦術で解決するものではない昔書かれたプログラミング言語はCOBOLという古い言語で、これに通暁している団塊の世代でいまは職場にはいない。かといってこのプログラムサンプル解析するには巨額の予算がかかるだろう。



 一方、介護界を見るといまのままでは将来を託せないとして、4人に1人が辞めていくという。
[PR]
by burari-skuri | 2009-04-08 10:46 | 論点